ヨーロッパ輸入家具と天然木家具の専門店 アピタス

2020年06月10日

居心地の良い部屋づくりのポイント

『好きなものに囲まれて、落ち着いて居心地がいい』と思えるお部屋にしませんか?

なんとなく暮らしにくい、この部屋をどうにかしたい、家具の配置がしっくりこない・・・等

日々考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

家族がくつろげて、生活しやすいインテリアにするにはちょっとした工夫も必要です。

よく言われるのが、お部屋が全体的にごちゃごちゃして落ち着かないという声です。

どうしてもお部屋の中にまんべんなくものがあるとすっきり見えません。

ものの量もありますが、まず密集した所とすっきりした所をつくることで

見た目の印象が和らぎます。







壁も、床も、部分的に何もない面をつくるだけでもすっきりした印象になります。

また、座った時に見える場所を美しく整えるだけでも部屋のくつろぎ感が左右されます。

例えば、雑然としたオープン棚などがある場合は全て見えているという事を意識して

置いて下さい。

どうしても美しく見せられない場合は、中身が見えない扉つきの収納家具に変更するのも

方法ですね。



307-00-104.jpg



部屋の中を快適に、スムーズに動ける動線つくりも大事なポイント。

椅子を引いたり、扉を開けたり、動作する為のスペースが必要なのを忘れて

家具を配置してしまう人も多いですよね。

暮らしやすい部屋にするには、動作寸法を考えた上で家具を配置する事が重要です。

どうしてもスペースが狭くて圧迫感を感じるという場合は、家具の大きさは関係なく

角が無く、細いラインの家具を置くだけでも見た目は全然変わりますよ。

例えばソファの前のテーブルを楕円形のコーヒーテーブルにしたり、

家具の角が面取りされた家具などです。




317-00-mi028m.jpg



雑貨や小物が好きで、ディスプレイを楽しみたい方は、ディスプレイは範囲を決めて

部屋中に散らさないのがポイントです。

部屋のあちこちにディスプレイがあると、ただ散らかって見えるだけになってしまいます。

小さな雑貨はトレイにまとめて飾ったり、小さなフレームも集合させて一つのかたまりにする

というひと工夫でスッキリ可愛く見せる事ができますよ。



317-tvb-l.jpg



部屋がスッキリ片付いた後・・・さらにお部屋の雰囲気をがらりと良くする方法は、

ランプを一つプラスしてみてください。

間接照明こそ、居心地がいい空間に欠かせないアイテムです。

照明を一つ置くなら、お部屋のコーナーがおすすめ!

コーナーの壁に灯りが広がり、お部屋もふわっと広く感じますよ。

生活感の出る実用的なものも、見ていて美しくおしゃれなものを選ぶことにより

出しっぱなしになっていても美しい生活感が保たれます。

そうする事で生活感も美しいインテリアの一部となるでしょう。







posted by アピタス at 11:19 | Comment(0) | ◇輸入家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

洗練されたインテリアは色と柄を取り入れて!

洗練されたインテリアは海外で良く見られます。

家具から雑貨、照明にいたる細部までこだわりを感じるお部屋が多いのは

インテリアの歴史の違いからなのでしょうか。

皆さんもおしゃれなインテリアには憧れますよね・・・。

自分で雑貨や家具などをそろえると、どうしても平凡になりがちという方も多いのではないでしょうか。

そんな場合は、まずはお部屋に『色』と『柄』を取り入れてみるのは如何でしょう。




320-11-001.jpg




『色』と『柄』の取り入れ方のポイントは!

まず『キ―カラー』を決めることから始めましょう。

お部屋にもともとある色や、お気に入りの雑貨などから発想しても良いですね。

お部屋のベースとなる部分を8〜9割にし、残りの1〜2割を遊び心の部分に

分けて考えれば色や柄にトライしやすくなりますよ。

ベースの部分を、飽きの来ないテイストや色で決めておけば

どんな色や柄を合わせても安心です。

そうすることでもっといろんなインテリアにトライしやすくなりますよ。




305-1086-cono6-2.jpg




この比率を守ってインテリアのスパイスとなるカラーを投入してみてください。

どんな空間にも対応できる便利な法則ですよ。

テーマカラーを決めていざ実践となった場合、まず布でカラーを取り入れるのが

分かりやすく簡単にチャレンジできます。

カーテンやソファ、椅子の張り地やクッション、テーブルクロス等々・・・




318-l3-20r.jpg




せっかくテーマカラーを決めてチャレンジしてみても、

なぜか平凡に見えてしまう、という場合は色の『濃淡』を上手に活かしてみましょう。

テーマカラーが「青」の場合、パステルブルーのソファに紺のカーテンを合わせたり、

シンプルな床にブルー系の柄物のラグを敷いたり。

ブルーといってもネイビーブルー、スカイブルー、パステルブルーなど多彩にありますので

ブルーの濃淡を楽しみながら空間にメリハリを作りましょう。




316-11-014re.jpg




もしもブルー以外のカラーにも挑戦したくなったら、色の冒険は「いずれ消えるもの」で!

生花やフルーツなどの消えもので取り入れることで色の氾濫を抑え

ブレのないインテリアを継続させることができますよ。

クッションカバーやテーブルクロスなども気分に合わせて簡単に取り換えができるので

おすすめです。




312-00-0104.jpg




今回の内容は、すぐにでも実践できるので

早速、チャレンジしてみてくださいね。

お気に入りの空間で毎日の暮らしを豊かに楽しく暮らしましょう。
posted by アピタス at 13:44 | Comment(0) | ◇輸入家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする